トップページへ個人情報保護法ページへ会社概要へ

▼融資審査の乗り切り方 NEW!!

企業再生sell&leaseback 融資審査の乗り切り方

▼当社の新サービス

企業再生sell&leaseback 完全個別守秘相談

企業再生sell&leaseback アドバイザリー契約

▼資金調達について

企業再生sell&leaseback 新規融資を勝ち取るには?

企業再生sell&leaseback リスケジュールを実現するには?

企業再生sell&leaseback 借入が受けられる極意

▼メディア掲載情報

企業再生sell&leaseback メディア掲載情報

▼メールマガジン登録

企業再生sell&leaseback メールマガジン登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!

▼当社の商標登録

企業再生sell&leaseback 商標登録を取得しました

▼こんなに違う!!競売と任意売却!!

競売とは?

競売されてしまうとどうなる?

競売の流れって?

競売手続きが進行中のあなたへ

任意売却とは?

当社へ任意売却を頼んだら?

任意売却の流れって?

Contents

企業再生sell&leaseback 完全個別相談のお知らせへ

企業再生sell&leaseback お役立ち用語集へ

企業再生sell&leaseback 無料ダウンロード資料へ

HOME
事業内容
実績紹介
よくある質問
中小企業の為の7つの約束
完全個別相談
メルマガバックナンバー
会社概要
プライバシーポリシー
お問合せ
「sell&leseback」(セール&リースバック)はアドバンスパートナーズ株式会社の出願商標です。

資金繰り相談室 TEL


危機企業の再生現場から再生コンサルタント代表者が明かす企業継続のための極意
■ブログ更新情報 2016/05/16 「「中小企業の儲かる‘かたち‘とは?」その3」更新しました。
資金調達.com

融資審査の乗り切り方

金融機関出身の融資経験豊富なコンサルタントが語る、銀行の本音や銀行員の目線、交渉の肝を解説いたします。

融資審査の乗り切り方へ

銀行の本音を知る 〜銀行との付き合い方〜 銀行融資は格付けで決まる 新しい資金調達方法 起死回生、資金調達の切り札
銀行の本音を知る
〜銀行との付き合い方〜
銀行融資は格付けで決まる 新しい資金調達方法
〜ABL〜
起死回生、
資金調達の切り札

企業再生のサービスメニュー

企業再生sell&leaseback のメニューは以下の通りです。
セール&リースバック説明へ 資金ショート回避・倒産防止の説明へ 経営を持続させる為の企業再生 BS経営が中心の強い会社つくり説明へ
再生の切り札 再生の第一歩 経営存続可能な型造り 将来の理想を求めて

企業再生sell&leaseback 詳しくはコチラ

あらゆる方法を駆使し経営者の方々に再び企業家として挑戦していただける場づくりを理念として実態に則した計画を提案いたします。
誰もが起業した時、壮大な夢や意欲、挑戦心、向上心をもち、真摯な気持ちで事業を始めたはずです。
しかし、いつのまにか資金繰りに追われ、本来の夢とは程遠い所に 置かれていませんか?
当社は、そのような企業や経営者と関わりをもたせて頂き、 なんとしても、今一度 経営者として、
再び挑戦していただくための 「場づくり」を提案し、 経営者の方々と一つになって その挑戦を共に実行します。 そして、大きさやかたちを変えても経営者として活躍し続けられる再生を目標とします。

企業再生sell&leaseback 詳しくはコチラ

企業再生のサービスのご紹介

 セール&リースバック

経営が苦しくなったとき企業が所有する資産 (事務所、工場、店舗、社長の自宅etc) を
売却して運転資金を作ったり、またそれが銀行からの借入でまかなわれているときでも
その返済を軽くする為に売却しようと、誰もが考えます。

しかし、企業経営上どうしても手放せない資産(事務所、工場、店舗、社長の自宅etc)
だったらどうでしょうか?
他に売却すると大切な資産は、二度と戻ってきませんし、
経営上必要不可欠なものだったら正に死活問題です。

病気に例えると多臓器不全の患者がいるとします。
手術する場合、多くの臓器は摘出できますがどうしても摘出できない臓器(心臓など)だったら
手術はできません。

こんな時の切り札となるのが「セールアンドリースバック」です。
企業経営上どうしても手放せない資産を一旦当社でお預かりして、
その間、その資産をお使いいただき、また経営が健全化したときに買い戻していただく。

これが「セールアンドリースバック」です。

企業再生sell&leaseback 具体的に表記

@借入
A社は過去に、金融機関からの借入で自社ビル・工場・収益マンションを購入、又は建設。
A返済(多額の残債)
約定返済していたが、A社の事業が予定通り成長せずに約定弁済に窮する(リスケジュール・返済休止等)。
B債務譲渡(競売)
金融機関はサービサーに債権譲渡あるいは競売の方向性で検討。
C弊社に相談
経営者が弊社に相談。
D交渉(抵当権抹消交渉・ケースによりスキーム異なる)(残債務を免除・圧縮)
提携専門家とチームを組み、不動産任意売却に向けて金融機関等と交渉。
E不動産買収(所得権移転)
抵当権抹消後、当社が不動産買収。
F賃料支払
新A社は当社に対し、賃料支払い。(10%程度)
G取引移植
新会社設立等(会社分割・営業譲渡)で債権整理。
H継続的コンサルティング(1〜3年)
当社による継続的コンサルティング(1〜3年)
I不動産の買戻し
新A社による不動産買戻し。もしくは外部売却。

セール&リースバック説明へ 資金ショート回避・倒産防止の説明へ 経営を持続させる為の企業再生 BS経営が中心の強い会社つくり説明へ BS経営が中心の強い会社つくり説明へ BS経営が中心の強い会社つくり説明へ
任意売却
の事例へ
会社分割
の事例へ
民事再生
の事例へ
会社分割
の事例へ
債務圧縮
の事例へ
事業整理
の事例へ

企業再生へのプロセス

 資金ショートの回避、倒産防止

●財務会計のディーデリジェンス
 BS、PL、月次試算表、CFの見直し、作成。
●新規融資
 新規融資を獲得するための戦術策定と実行
●リスケジュール
 借入金の返済計画を変更し、手元資金を潤沢にする
●瀬戸際の戦術
 手形不渡りのリスクを回避し、優先順位に基づいた出入金計画
●保証人対策
 保証債務関係の調査とリスク回避計画
新規融資を勝ち取るには? リスケジュールを実現するには? 借入が受けられる極意

 経営を存続させるための企業再生

黒字経営ができる体制の構築
営業利益が確保できる『かたち』をつくる…。
赤字企業から黒字企業を抜き出し、その部門(コアコンピタンス)で
経営存続できる体制をつくる

債務と事業を分離する新体制(新会社設立など)をつくる。

抵当権のついた、事業に必要不可欠な資産(店舗、工場、社長の自宅など)を
任意売却で当社が買い受ける。

新会社は、当社から必要不可欠な資産(店舗、工場、社長の自宅など)を
リースし、事業を継続する。

新会社は、複数年黒字経営を行い、ファイナンスが可能になった時点で
その資産を購入(買い戻し)する。

資産をもった収益可能な企業が生まれる。(企業再生)

旧会社は、債務償却をめざす。

セール&リースバック説明へ 資金ショート回避・倒産防止の説明へ 経営を持続させる為の再生 BS経営が中心の強い会社つくり説明へ BS経営が中心の強い会社つくり説明へ BS経営が中心の強い会社つくり説明へ
任意売却
の事例へ
会社分割
の事例へ
民事再生
の事例へ
会社分割
の事例へ
債務圧縮
の事例へ
事業整理
の事例へ

 BS経営が中心の強い会社づくり

自己資本の向上によって、真に強い会社を目指す、中長期計画の作成。
経営理念の構築と全社員の認識共有。

ページTOPへ戻る

お問合せ




HOME | 事業内容 | 実績紹介 | よくある質問 | 個別守秘相談 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright c 2007 企業再生All Rights Reserved.