トップページへ個人情報保護法ページへ会社概要へ

▼融資審査の乗り切り方 NEW!!

企業再生sell&leaseback 融資審査の乗り切り方

▼当社の新サービス

企業再生sell&leaseback 完全個別守秘相談

企業再生sell&leaseback アドバイザリー契約

▼資金調達について

企業再生sell&leaseback 新規融資を勝ち取るには?

企業再生sell&leaseback リスケジュールを実現するには?

企業再生sell&leaseback 借入が受けられる極意

▼メディア掲載情報

企業再生sell&leaseback メディア掲載情報

▼メールマガジン登録

企業再生sell&leaseback メールマガジン登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!

▼当社の商標登録

企業再生sell&leaseback 商標登録を取得しました

▼こんなに違う!!競売と任意売却!!

競売とは?

競売されてしまうとどうなる?

競売の流れって?

競売手続きが進行中のあなたへ

任意売却とは?

当社へ任意売却を頼んだら?

任意売却の流れって?

Contents

企業再生sell&leaseback 完全個別相談のお知らせへ

企業再生sell&leaseback お役立ち用語集へ

企業再生sell&leaseback 無料ダウンロード資料へ

HOME
事業内容
実績紹介
よくある質問
中小企業の為の7つの約束
完全個別相談
メルマガバックナンバー
会社概要
プライバシーポリシー
お問合せ
「sell&leseback」(セール&リースバック)はアドバンスパートナーズ株式会社の出願商標です。

Home  ->  アドバンスパートナーズについて    -> アドバンスパートナーズとは?

経営に困窮した企業に訪問し、経営者の方々とのご相談のなかで、よくお聞きするのは、
「知り合いの弁護士や税理士に相談すると破産や、 会社の整理を進められ、再生とは程遠い答えであった」
とか「リスケジュールのみでその他の打つ手は、ないと言われた」、
「コンサルタントに相談すると本に書いてあるような答えだけで相談料を払い、
これでは、書店で本を買ったほうがよかった」などです。

しかし、企業経営に困窮した経営者の実態は正に「生きるか死ぬかの」瀬戸際です。
どんな事をしても会社をつぶしたくない、家族や社員を路頭に迷わせたくない、この一心なのです。
そして、十分な再生スキームもないままに、サラ金に手を出し、
最終的には、取り返しの付かない泥沼におちてゆく。
一刻も早い対策が、企業を救い、経営者の自殺に歯止めをかけられるのです。
また、経営者の方々は、返せなくなった借金に対する考え方もしっかり持つ必要があります。

以下にその考え方を示します。

いま、日本中で何万人もの人が、経済的理由で自殺をはかっています。
わが国では、大昔から戦に負けたり、責任取るために「切腹」するというような場面を
みなさんも時代劇の映画やテレビで見てきたとおもいますが、
経済的理由で自殺するというのもこれとまったく同じことなのです。
なぜか、日本人社会には、「死をもって償う」という美学が少なからずあるような気がします。
しかし、お金だけの問題で、そんな価値観があっていいのでしょうか?

確かに「借りたものは返す」というのは、幼稚園の子供でも習っていることです。
しかしお金のために命をもって償うというのとは、次元が違うとおもいます。
もしもあなたが命をおとしたならいったい何人のひとに悲しみと、迷惑をかけるのでしょうか?
まず、あなたが銀行で借り入れした時のことを思い出してください。
たくさんの書類を作成して、その銀行の担当者に渡し、何度も打ち合わせして、
最後には、その銀行の支店長にも面接し、やっと融資がおりる。こうして借り入れをしたはずです。
その銀行も支店から本部に稟議書を通し、あくまでもビジネスとして融資したのです。

その証拠にあなたは、銀行に利息を払っていたはずです、利息がタダの融資は、絶対ありえません。
あくまでもビジネスだったのです。
そして何かの歯車が狂い返済が苦しくなる、ただ銀行もあなたの収益計画にお供し、金利を稼ごうとしただけなのです。
しかし経済理論のなかで、100パーセントの確率の収益計画は、無いのです。
ハイリスク、ローリスクのぶれはあるでしょうが100パーセントはありえません。

私が言いたいのは、「借りた金は返す」というのは当然に当たり前の正義ですし、疑う余地はありません。
しかしビジネスという範囲のなかで本当に大切な「命」に代えることは、絶対にないということです。
当然1円でもおおく返済するべきであるし、債権者にかける迷惑を最小限にすべきです。

しかしもっと大切なことは、あなたが生き残り、かたちを変えてでもあなたが事業再生し、
1円でもおおく納税し、一人でもおおくの雇用を生み出すことであると信じています。

命を以って償うことと、事業再生しふたたび社会貢献するためにチャレンジことと、
どちらが本当の美学でしょうか?

当社アドバンスパートナーズの代表である私は、過去に30億の負債をかかえ、自らの会社を倒産させました。
しかしふたたび社会貢献できることを信じてチャレンジしています。
そして、起業、倒産、再生した一人として、
その経験と実績を余すことなく皆様にご提供いたします。
企業経営の一から十までを知っている生き証人(経験者)として知識だけではない実体験を提供いたします。

我々には、解決するためのノウハウと経験があります、勇気がいるかもしれませんが、
すこしだけ気軽な気持ちになってご相談ください。
そしていい顔(明るい)になって社員や家族のもとに帰り、明るい笑顔を見せてあげてください。
あなたの笑顔は、なにものにも換えがたいほど大切です、そしてそのことは、あなた自身が一番よく知っているはずです。

我々は、あなたの気持ちを経営者の同志として一番理解しているつもりでいます。
解決する手段は、かならずあります、どうか勇気をもってお問い合わせください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ページTOPへ戻る

お問合せ

Home  ->  アドバンスパートナーズについて    -> アドバンスパートナーズとは?

HOME | 事業内容 | 実績紹介 | よくある質問 | 個別守秘相談 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright c 2007 企業再生All Rights Reserved.