トップページへ個人情報保護法ページへ会社概要へ

▼融資審査の乗り切り方 NEW!!

企業再生sell&leaseback 融資審査の乗り切り方

▼当社の新サービス

企業再生sell&leaseback 完全個別守秘相談

企業再生sell&leaseback アドバイザリー契約

▼資金調達について

企業再生sell&leaseback 新規融資を勝ち取るには?

企業再生sell&leaseback リスケジュールを実現するには?

企業再生sell&leaseback 借入が受けられる極意

▼メディア掲載情報

企業再生sell&leaseback メディア掲載情報

▼メールマガジン登録

企業再生sell&leaseback メールマガジン登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!

▼当社の商標登録

企業再生sell&leaseback 商標登録を取得しました

▼こんなに違う!!競売と任意売却!!

競売とは?

競売されてしまうとどうなる?

競売の流れって?

競売手続きが進行中のあなたへ

任意売却とは?

当社へ任意売却を頼んだら?

任意売却の流れって?

Contents

企業再生sell&leaseback 完全個別相談のお知らせへ

企業再生sell&leaseback お役立ち用語集へ

企業再生sell&leaseback 無料ダウンロード資料へ

HOME
事業内容
実績紹介
よくある質問
中小企業の為の7つの約束
完全個別相談
メルマガバックナンバー
会社概要
プライバシーポリシー
お問合せ
「sell&leseback」(セール&リースバック)はアドバンスパートナーズ株式会社の出願商標です。

Home  ->  実例集    -> 事例3 民事再生法

 事例3 民事再生法

相談法人

精密部品製造業、運送業
年商 6億円
従業員 55名
借入先 銀行4、信用金庫2、農協1
所有不動産 自宅1、本社工場兼駐車場1

相談内容

運送業は業績堅調。
精密部品製造業は、競合先がほとんど無く、すこぶる好調であったのだが、
大口の得意先が巨額の不渡を出した影響で、自社で振出した手形の決済に赤信号がともる。
毎月銀行に提出している資金繰表から判断しても、
決済が物理的に不可能で、銀行側も追加融資に難色を示した。

再生スキーム

@資金繰りを詳細調査。

A社長は、私どもの助言を聞き入れ、素早い判断で、民事再生の申し入れの決断をした。

B迅速な機動力で、わずか5日間で、弁護士により、裁判所に対して申し立てが行われた。
当社は、経験豊富な弁護士と顧問関係にあり、連携してご指導いたします。

C製造される部品の品質に相当の信頼があったらしく、
  取引先も従来どおりの取引を約束してくれたため、十分な収益が望め、
  運送業には全く影響が無いものと判断された。

D申し立てから3ヵ月後に、再生計画が承認され、
  8割の債務免除と残債5年間の分割返済が決まった。

E自宅、本社工場兼駐車場は無事保存され、民事再生法申し立て後の各事業は堅調である。

Fとにかく社長の迅速な判断が、今回の危機を救ったと言える。


ページTOPへ戻る

お問合せ

Home  ->  実例集    -> 事例3 民事再生法

HOME | 事業内容 | 実績紹介 | よくある質問 | 個別守秘相談 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright c 2007 企業再生All Rights Reserved.