トップページへ個人情報保護法ページへ会社概要へ

▼融資審査の乗り切り方 NEW!!

企業再生sell&leaseback 融資審査の乗り切り方

▼当社の新サービス

企業再生sell&leaseback 完全個別守秘相談

企業再生sell&leaseback アドバイザリー契約

▼資金調達について

企業再生sell&leaseback 新規融資を勝ち取るには?

企業再生sell&leaseback リスケジュールを実現するには?

企業再生sell&leaseback 借入が受けられる極意

▼メディア掲載情報

企業再生sell&leaseback メディア掲載情報

▼メールマガジン登録

企業再生sell&leaseback メールマガジン登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!

▼当社の商標登録

企業再生sell&leaseback 商標登録を取得しました

▼こんなに違う!!競売と任意売却!!

競売とは?

競売されてしまうとどうなる?

競売の流れって?

競売手続きが進行中のあなたへ

任意売却とは?

当社へ任意売却を頼んだら?

任意売却の流れって?

Contents

企業再生sell&leaseback 完全個別相談のお知らせへ

企業再生sell&leaseback お役立ち用語集へ

企業再生sell&leaseback 無料ダウンロード資料へ

HOME
事業内容
実績紹介
よくある質問
中小企業の為の7つの約束
完全個別相談
メルマガバックナンバー
会社概要
プライバシーポリシー
お問合せ
「sell&leseback」(セール&リースバック)はアドバンスパートナーズ株式会社の出願商標です。

Home  ->  借入が受けられる極意    -> 借入が受けられる極意

ひとつの方策として、最近流行の「ビジネスローン」を挙げておきます。
過去2〜3期の決算書を提出と、事業実績2年以上、債務超過でない事などを条件に、 義理人情抜きで「機械的に」ごく短期の審査で融資が実現します。
もっとも、「機械的に」融資が出るということは、その後の会社の決算書の数字次第では「機械的に」 融資の折り返しが「不可能」と結論付けられたり、融資枠の縮小もありうるということです。 「入口」も「出口」もクールであるところを認識しなければなりません。

決算書を三期並べますと、慣れている人なら、その企業の状況が手に取るようにわかります。
上の5つの注目点が美しければ、何の問題も無く融資が出ます。
ただし、皆様はそう簡単にはいかないのをご存知のはず。
でも、決算書のクリーニングは放棄せずに、少しでも、美しくなる方向へ前進しなければなりません。

当社では、皆様が出来るところから、決算書のレベルアップを助言いたします。

ここ数年で、資金調達の環境は激変しました。
バブル崩壊後の不良債権処理問題が一巡し、財務内容が良好で融資に当たって 「自信のあるところにはガンガン貸す」姿勢が業界全体に蔓延しています。
一方で、本当に「自信のあるところ」は「有利子負債のさらなる圧縮」に取り組んでおり、 金融機関もジレンマに陥っています。

まず、彼ら融資担当者が皆様の財務状態に一定の自信を持たなければ何も始まりません。

そこで、必要な決め手が提出書類なのです。 こんな資料が融資担当者を動かす
融資担当者に対して口頭で夢を語る。これ自体は決して悪いことではありません。
しかし、それで、金融機関内部の稟議書が作成できますか。

そこで、過去の実績と、現状を踏まえた、実現性のある、将来の経営ビジョン・資金計画を書面化し、
数字で表現して、金融機関を説得するのです。
当社は、「事業計画書」「資金繰り予定表」「返済計画書」「業務改善計画書」「設備投資計画書」等
必要に応じた各種書面の作成を助言し、皆様の資金繰りのお手伝いをしております。

企業再生sell&leasback 資金繰りについて相談してみる



ページTOPへ戻る

お問合せ

Home  ->  借入が受けられる極意    -> 借入が受けられる極意

HOME | 事業内容 | 実績紹介 | よくある質問 | 個別守秘相談 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright c 2007 企業再生All Rights Reserved.