トップページへ個人情報保護法ページへ会社概要へ

▼融資審査の乗り切り方 NEW!!

企業再生sell&leaseback 融資審査の乗り切り方

▼当社の新サービス

企業再生sell&leaseback 完全個別守秘相談

企業再生sell&leaseback アドバイザリー契約

▼資金調達について

企業再生sell&leaseback 新規融資を勝ち取るには?

企業再生sell&leaseback リスケジュールを実現するには?

企業再生sell&leaseback 借入が受けられる極意

▼メディア掲載情報

企業再生sell&leaseback メディア掲載情報

▼メールマガジン登録

企業再生sell&leaseback メールマガジン登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!

▼当社の商標登録

企業再生sell&leaseback 商標登録を取得しました

▼こんなに違う!!競売と任意売却!!

競売とは?

競売されてしまうとどうなる?

競売の流れって?

競売手続きが進行中のあなたへ

任意売却とは?

当社へ任意売却を頼んだら?

任意売却の流れって?

Contents

企業再生sell&leaseback 完全個別相談のお知らせへ

企業再生sell&leaseback お役立ち用語集へ

企業再生sell&leaseback 無料ダウンロード資料へ

HOME
事業内容
実績紹介
よくある質問
中小企業の為の7つの約束
完全個別相談
メルマガバックナンバー
会社概要
プライバシーポリシー
お問合せ
「sell&leseback」(セール&リースバック)はアドバンスパートナーズ株式会社の出願商標です。

Home  ->  こんなに違う!!競売と任意売却!!    -> 競売されてしまうとどうなる?

 競売されてしまうとどうなる?

1.任意売却よりも安い値段で売却され、残債務が多く残ってしまいます。

競売物件は、まず、裁判所に委嘱された不動産鑑定士により最低売却価格が決められ
(市場価格の5〜7割程度)、この後、これをスタートラインに入札に移るのですが、
どうしても落札価格は、かなり安い水準から上には行かないのが現状です。
というのも、落札者が代金を全額支払うまで建物内部には入れませんし、
実際の建物の構造・内装は推定の世界に過ぎず、占有者の存在や、
複雑な権利関係が潜在している可能性も多々あり、
これらのリスクを織り込んだ価格形成になっているためです。

2.皆様が復活し、金銭的にゆとりが出てきても、買戻しは絶望的となります。

競売の場合、誰が落札するか分かりません。
したがって、買戻しを前提とした売却交渉などあり得ないのです。

3.当然新聞・情報誌・インターネットに載りますので、近隣に知れ渡ります。

ご近所の井戸端会議でヒソヒソやられるのは、皆様、かなりこたえます。
また、いかにもフドーサン屋(色々なタイプがいらっしゃるのですが。)という風貌のおじさんが、 ケータイしながらウロつき始めます。

4.債権者と残債務の相談が全く出来ません。。

ここが、債権者・落札者主導の手続きのつらさ。   
いくら売却できたって、債務者とすれば、その後の事が重要であり、最も気がかりです。

5.やむなく立ち退きさせられても、引越代がもらえません。

任意売却の場合、交渉によりますが、売却代金から充当する余地があります。

6.落札者に主導権がありますので、退去期限の猶予がありません。

企業再生sell&leaseback 任意売却とは?へ



企業再生sell&leasback 新規融資調達の流れへ



ページTOPへ戻る

お問合せ

Home  ->  こんなに違う!!競売と任意売却!!    -> 競売されてしまうとどうなる?

HOME | 事業内容 | 実績紹介 | よくある質問 | 個別守秘相談 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright c 2007 企業再生All Rights Reserved.