トップページへ個人情報保護法ページへ会社概要へ

▼融資審査の乗り切り方 NEW!!

企業再生sell&leaseback 融資審査の乗り切り方

▼当社の新サービス

企業再生sell&leaseback 完全個別守秘相談

企業再生sell&leaseback アドバイザリー契約

▼資金調達について

企業再生sell&leaseback 新規融資を勝ち取るには?

企業再生sell&leaseback リスケジュールを実現するには?

企業再生sell&leaseback 借入が受けられる極意

▼メディア掲載情報

企業再生sell&leaseback メディア掲載情報

▼メールマガジン登録

企業再生sell&leaseback メールマガジン登録

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『まぐまぐ!』から発行しています。

『まぐまぐ!』にて殿堂入りとなりました!

▼当社の商標登録

企業再生sell&leaseback 商標登録を取得しました

▼こんなに違う!!競売と任意売却!!

競売とは?

競売されてしまうとどうなる?

競売の流れって?

競売手続きが進行中のあなたへ

任意売却とは?

当社へ任意売却を頼んだら?

任意売却の流れって?

Contents

企業再生sell&leaseback 完全個別相談のお知らせへ

企業再生sell&leaseback お役立ち用語集へ

企業再生sell&leaseback 無料ダウンロード資料へ

HOME
事業内容
実績紹介
よくある質問
中小企業の為の7つの約束
完全個別相談
メルマガバックナンバー
会社概要
プライバシーポリシー
お問合せ
「sell&leseback」(セール&リースバック)はアドバンスパートナーズ株式会社の出願商標です。

Home  ->  新規融資を勝ち取るには?    -> 新規融資を勝ち取るには?

「右肩上がり」の経済ではなくなった昨今、
銀行が、経営者の人柄や過去の取引実績で融資判断することは少なくなってきました。

新規融資調達の切り札は、「事業計画書」「返済予定表」「資金繰り予定表」等の
書面を通じての「的確なアピール」なのです。
無論、うそ偽り、大ぶろしきの計画では意味がありません。
実現性があり、「これなら融資したい」と判断してもらうことが重要です。
稟議書がすぐ作成できる様なしっかりした書面が無い場合、
融資担当者にはなかなか始動してもらえません。

金融機関は、「自信のある融資」はすぐにでも始めたいのです。
融資担当者には厳しい「融資目標額」が課せられており「貸したい」のです。
同時に「説得力のある書面」を切望しているのです。

都銀、信託銀、RCC等にて豊富な融資経験・債権回収経験を持つコンサルタント、
並びにターンアラウンダーが、金融機関の内部事情、思考パターンをふまえた
「事業計画書作成」〜「新規融資調達」をお手伝いいたします。

企業再生sell&leasback 新規融資調達の流れへ



ページTOPへ戻る

お問合せ

Home  ->  新規融資を勝ち取るには?    -> 新規融資を勝ち取るには?

HOME | 事業内容 | 実績紹介 | よくある質問 | 個別守秘相談 | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright c 2007 企業再生All Rights Reserved.